枕や布団を高価なものに変えても効果がない理由

三宮で肩こり腰痛改善はマッサージより気持ちいいあんしん(安心)整体「体Rescue」
当院のホームページをご覧いただきありがとうございます。

「神戸市中央区三宮・さんプラザ3階の慢性肩こり専門整体・体Rescue」グループ代表の岡本です。

昨日からめちゃくちゃ寒いですよね。
毎年何回か冬将軍がやってきますが、今シーズンは年末にもやってきたので寒すぎて冬が長く感じますね。ただ、日の入りは少しだけ長くなってき、まだまだ春遠しですが春の到来を楽しみに頑張っていきたいと思います。

 今日は「枕や布団を高価なものに変えても効果がない理由」というお話です。

肩こりや腰痛でお悩みの方がよく「枕があっていないのかな?」「布団が硬いのかな?」とアドバイスを求めてこられますが、これって「寝具」のせいなの??ということです。

いくら高価な寝具を使って睡眠をとっても、あなたの筋肉の状態が悪ければ疲れが回復しきることはないでしょうし、肩こりや腰痛がよくなることまないでしょう。

何が言いたいのかと言いますと、寝具事態に依存すること自体が間違えということ。

あなたは仕事なり、学業なり、家事、クラブ活動などで一日で相当疲れている。

なのにあなたは仕事や学校から帰宅して夕食を取り、お風呂に入り寝るといった生活サイクルを続けていて、寝具に疲労回復を託す・・・

これでは体の疲れがとれるわけありません。

まして高額な寝具を買ったとなれば、その寝具への依存力は半端ないと思います。

がしかし、寝具は万能ではありません。

もしあなたが睡眠で本当に体の回復を望んでいるのなら、寝る前にしっかりとストレッチでセルフケアーして筋肉の緊張をある程度ほぐした状態でお布団に入ることが必要です。

いくら高価な枕で寝ようともあなた自身の首や肩の筋肉が疲れたままの状態では寝やすい日と違和感を覚える日があるのは当然なんです。

高反発の硬めのマットを寝具としている人が背中に筋肉の緊張がある状態で仰向けで寝転がると、いつもより硬く感じて寝つきが悪く感じる日があったりします。

高い枕をオーダーメイドで作っていたとして、首の筋肉がいつもより疲れていたら枕はよりいっそう高く硬く感じたりしてしまうものです。

高価な寝具もいいですが、まずはあなたの筋肉の緊張を緩めることから睡眠の質を上げて、疲労回復に努めることをお勧めします。

すでに高価な寝具をお持ちの方もその機能を十分に発揮したいのであれば「寝る前に筋肉を緩める」といことを怠らずにやってみると寝具の有難みが変わるかもしれませんよ。

ということで今日は「疲労回復は依存してたらだめですよ」というお話しでした。

当、整体院は神戸市、三宮で肩コリや腰痛にお悩みの方のお力になりたいと思っています。
是非一度、当整体院の施術をお試しください

関連記事