肩こり、パソコン作業は要注意

当院、安心整体「体Rescue」のホームページをご覧いただきありがとうございます。

 

「慢性肩こり専門整体・体Rescue」店長の金山です。

 

今日は気温が少し上がり過ごしやすかったですね。

今週末もまた寒波が来るみたいですが

寒さに慣れてきましたのでどーんっと来いって感じです。

 

今日は「肩こり、パソコン作業は要注意」と言うお話です。

会社勤めでしかも「パソコン作業」を長時間しているかたは

肩こりや腰痛を感じやすい状態になっているはず。

 

その理由は「長時間のデスクワーク」で悪い姿勢になっている。

 

こうした日々の姿勢が、肩こりや腰痛の原因になるので

デスクワークの姿勢を改善することが必要になります。

こんな姿勢が危険

 

椅子に座りパソコンに向かうとき、背中が丸まり、

頭を前に突き出した姿勢を取っていませんか?

 

この姿勢は猫背と同じで、首や肩周辺の筋肉の負荷が高まるため

その筋肉が慢性疲労を招き、凝り固まり肩こりになっていくのです。

 

また、腰が後ろに大きく曲がった姿勢でもあるので

腰痛も招くことになります。

 

この姿勢を簡単に治す方法

 

この姿勢を簡単は方法で治すのが、

椅子に浅く腰掛け、お尻の仙骨のとこらへんに

バスタオルを丸めたものを敷く。

 

こうすることで骨盤が前傾を保ち、

それに伴い背骨の湾曲も回復します。

 

ただ、長時間になるとやはり姿勢を崩してしまうので

仕事中に時折立ち上がり背伸びやストレッチをすることもおすすめします。

関連記事