肩のこり解消は、肩周辺を温めよう

三宮で肩こり改善はマッサージより気持ちいい整体

 

あんしん(安心)整体「体Rescue」のホームページをご覧いただきありがとうございます。

 

「神戸市三宮・さんプラザ3階の慢性肩こり専門整体・体Rescue」店長の金山です。

 

2週連続で冷え込みのきつい週末のなりましたね。

スキーやボードが趣味の方は最高の週末になりましたね。

私は仕事を頑張りたいと思います!

 

今日は「肩のこり解消は、肩周辺を温めよう」について書きたいと思います。

慢性的な肩こりの原因はいつも言っているように

筋肉の緊張による血行障害です。

 

ということは、肩(患部)を温めることで

筋肉の緊張がほぐれて血管が広がり、血流が増えるようにすればいい。

単純なことで意外と肩こりは楽になったりします。

 

血液の流れがよくなることで、

肩の痛みを引き起こしていた老廃物が排出されます。

 程よい温度で温めよう

では肩周辺をどう温めるかなんですが、

蒸しタオルをナイロン袋に入れる方法や

ドライヤーの温風を肩に当てることもいいです。

この季節は使い捨てカイロを肩に貼ることもできますね。

 

いずれの温め方にしても「低温やけど」には十分注意してください。

 

ではどれぐらいの時間温めればいいか?

なんですが、15分から20分、長くても30分で十分効果が期待できますよ。

*「温度が高いほど効果大」「時間が長いほど効果がある」

そういうわけではありませんので長くても30分にしておいてくださいね。

 

ただ気を付けていただきたいのが、

寝違えや肩の筋肉の炎症など急性症状は温めると逆効果ですので

そんな場合は冷やしてくださいね。

24時間~48時間は冷やしましょう。

 

慢性症状の方のみ行う方法です。

 

根本的に肩こりを改善したいという方は、

三宮でマッサージより気持ちいいと評判の当院へご相談くださいね!

関連記事