肩こり腰痛のもとをストレッチで解消

三宮で肩こり腰痛改善はマッサージより気持ちいいあんしん(安心)整体「体Rescue」

 

当院のホームページをご覧いただきありがとうございます。

 

「神戸市三宮・さんプラザ3階の慢性肩こり専門整体・体Rescue」グループ代表の岡本です。

 

今日は節分ですね「豆まき」に「恵方巻」

関西では特に「恵方巻でしょうか?

恵方巻が根付いたのは企業努力のたまものですよね。

私も見習いたいと思います。

 

今日は「肩こり腰痛のもとをストレッチで解消」というお話です。

 

運動不足・筋力不足・姿勢の悪さ・・・

 

この3つがそろえば最強の「肩こり腰痛予備軍」です。

このブログを読んで「私そうかも?」と思っている人はかなりやばいですよ。

 

仕事ではパソコンを見る時間が圧倒的に増え、

最近は仕事から離れても「スマホ」にかじりつきという

場面を電車などでよく目にします。

 

果たして「あなたの体は不死身」なのでしょうか?

 

こういった生活をしていると、

朝起きてから活動中すべての時間帯において

前屈姿勢でいるという事になってしまいます。

 

前屈姿勢が長くなることで、

筋肉が凝り固まり、その証拠に「肩こり腰痛」で悩む方が

増える一方です。

 

肩こり、腰痛の原因は運動不足・筋力不足・姿勢の悪さが代表的です。

 

まぁ、必要最低限の動きしかしてないので当然といえば当然なんですが、

 

肩周りや腰周りの筋肉を動かさないと、本来伸び縮みする筋肉の中の血液の巡りが

悪くなり、「硬い筋肉」になってしまう・・・

 

また、肘が肩よりあがるような動作が減り、

肩周辺の筋肉を使う頻度が落ちると、それが筋力低下を招くことになります。

 

普段、腕が頭の上に行くような動作をしないと

あなたの日常生活そのものが筋力低下を招いているということなので

簡単にできるような動作は意識的に行わないといけません。

 

筋力低下を招くと「正しい姿勢」を保てない原因にもなります。

 

筋力不足以外でも、重い荷物を片手で持ったり、肩にかけたり

長時間の座り仕事で背中が丸まることや、スマホを眺める姿勢など、普段の生活の中で

姿勢を悪くするということもある。

 

実は、背筋を伸ばして胸の張った状態のいい姿勢は

それ相応の筋力が必要で、姿勢を保つだけでも

かなり筋肉を使っています。

 

ということは「いい姿勢を保つ」事を心がけるだけでも

筋肉を動かすことになり、

あなたが気にしている運動不足解消にもつながります。

 

肩こりは、どんな良い姿勢をしていても3~5kgあると言われている

頭を支えているので筋肉は疲れてしまいます。

 

近年「腰痛」も国民病といわれるほど増加していて、

腰痛を感じている国民は実に多いのに

腰痛改善の基本と言えることすら知らない人だらけです。

 

腰痛改善にはまず「姿勢の改善」が必要だと言えます。

そこに関与しているのが骨盤です。

 

骨盤の正しい位置といわれているのは、約30度前傾している状態です。

この位置に保つようにすることが大切。

骨盤は筋肉が複雑に入り混じっているので、

少し角度が変わるだけで筋肉のバランスが乱れ

腰痛を招いたりします。

 

ということは骨盤周辺の筋肉の使い方が

アンバランスになるために起こると言えます。

 

骨盤の位置が悪くなると、胸郭が前方にたおれてきて、

肩甲骨の位置が悪くなり、結果として「肩の可動域」を

減少させて「肩こり」ということになります。

 

こうならないためにはやはり生活に何かを取り入れないといけません。

 

そこで取り入れてほしいのが「ケアー」するということです。

 

毎日しっかりと筋肉をケアーすることこそが、

肩こりや腰痛を感じなくて済む最善の方法なのです。

 

それと並行して「筋力をつけていく」ことで

さらに肩こりや腰痛を感じなくて済むようになっていきます。

 

あなたが女性で25歳を過ぎていて、

生活の中に運動を取り入れていないのなら、

あなたの体の筋力不足は深刻になっていきます。

 

そうならないためにも、しっかりとケアーとトレーニングを取り入れていきましょうね!

 

根本的に肩こりや腰痛を改善したいという方は、

三宮でマッサージより気持ちいいと評判の当院へご相談くださいね!

関連記事