肩こりと五十肩の違いは?

三宮で肩こり腰痛改善はマッサージより気持ちいいあんしん(安心)整体「体Rescue」

当院のホームページをご覧いただきありがとうございます。

 

「神戸市三宮・さんプラザ3階の慢性肩こり専門整体・体Rescue」グループ代表の岡本です

 

暖かい土曜日でしたが日曜日は雨予報ですね。

出来れば休日は「晴れて」ほしいと思う人は多いですよね。

本当に春が恋しくなってきました。

早く春になれ―――と言ってもあとひと月はまるまる寒いでしょうけどね。

今日は「肩こりと五十肩の違いは?」というお話です。

(五十肩 イメージ画像)

肩こりは、何らかの原因によって起きている方の血行障害などが原因。

間違いやすいのは、五十肩と、肩こりの違いです。

 

実際にお客様にも「私って五十肩ですか?」と肩こりの方から

質問されることが多々あります。

 

五十肩は肩の関節に問題がある症状です。

 

実は医学的にも五十肩の確かな原因はまだ明らかにはなっていません。

ですが、例えばレントゲンを撮ってみると肩の関節と肩甲骨の働きに不具合があることがわかっています。

 

なぜ五十肩と言われているのかというと、50代の人だけがかかる病気ではありません。

以前は50代に多く見られていたので五十肩と言われましたが、

最近は、他の年代にも多く見られるようになりました。

 

四十肩は、40代の人が五十肩になった人を指します。その割合が多くなったために四十肩と言う症状ができたのです。

 

という事は若い世代の人でも、五十肩になる可能性は十分にあるのです。

あなたは五十肩では無いでしょうか?

 

簡単に検査する方法を試していましょう

 

1.バンザイのポーズから指先に耳が触れるところまで下げます

 

2. 次に肩を前にぐるぐる後にぐるぐる回しましょう

 

この2つの動作で、右で左の肩の動きはどうでしょう?

 

左右で動きが明らかに違う、左右が均等じゃない場合は、五十肩の疑いがあります。

 

肩こりと五十肩の違いで対処法も違う

 

単なる肩こりか、五十肩か、その違いは、先ほど紹介しましたが、

 

肩こりの場合は、肩叩きをするときの柔らかいところ

 

五十肩の場合は、肩の可動の周辺、硬い所(三角筋のあたり)

 

に不具合が生じ、凝ったり、痛かったりします。

 

簡単に言えば、コリの場所の違いから判別する方法もあります。

五十肩の疑いがある場合は、次のエクササイズをしてください

 

まず右の腕を曲げ肩のあたりの衣服を指で軽くつまみます

にその状態から、腕をぐるぐると前にまわします

 

3回すときは、腕を回すのではなく肘を回すことを意識すると、回しやすくなります20秒から1分ぐらいつけましょう

4 左側も、同様に行います

 

後最後に両方の腕を同時にまわします。これも20秒から1分程度

このエクササイズは肩甲骨を刺激して、可動行きを促進させる効果があります。

予防にもなりますので、日ごろから肩周辺に不快感なる方は試してみてはいかがでしょうか。

このような方法で「自分は肩こり?」なのか「五十肩なのか?」を知ることが大切です。

 

五十肩の場合は、その症状が出始めたとき、もしくはそれまでに

しっかりと予防をしていないと、五十肩になってしまうと

改善に時間がかかります。

 

そうならないように「自分でテスト」をして

自分自身の肩の現状を把握しておかなければなりません。

 

五十肩は突然なるものではなく、

ジワジワとその症状がひどくなり、ある日突然、肩が動かしにくい、

動かすと激痛を感じるなどの症状になっていきます。

 

そうならないためにも予防をしっかりとしておきましょうね。

 

——–他の肩こり解消法のブログ————-

「肩こり解消は肩を温めよう」はここから

「肩こり解消は入浴をしよう」はここから