肩こり腰痛は仕方がない?

三宮で肩こり腰痛改善はマッサージより気持ちいいあんしん(安心)整体「体Rescue」

当院のホームページをご覧いただきありがとうございます。

 

「神戸市三宮・さんプラザ3階の慢性肩こり専門整体・体Rescue」グループ代表の岡本です。

 

やっぱり真冬ですね。

連日寒い日が続いていますね。

昨日より風がないですが曇っているのでよけい寒く感じますね。

 

今日は「肩こり腰痛は仕方がない?」というお話し

 

あなたがもし肩こり腰痛は仕方がないと諦めているなら

それはまだはやい!ですよ。

 

肩こりがあるとデスクワークは本当に辛い。

デスクワークに限ることではなく、

車の運転や、検査作業、レジ打ち・・・

 

肩こりや、腰痛という不調は生活すべてに悪影響がありますよね。

 

あまりのひどさに、自分で肩を叩いたり揉んだり、回したりするけれど、

なかなか良くならず、良い解決対策がないとお困りだと思います。

 

また床に落ちた書類や物をかがんで拾ったり、

寝起きに動いたりすること、

こんな何気ない動作も、腰痛があると不安になってしまうはずです。

 

体がこういった状況になってしまうと休日にお出かけしたり、

スポーツをしたりすることも嫌になってしまいますよね。

 

ここまで疲れてしまうと休日の朝でも体のだるさを感じてしまうので

「ヤル気が起こらない」という表現が正しいかもしれません。

 

そういった身体の状況を打破しスッキリ治して、学生の頃や20代の時のよう

に動きたいと思うことってあると思います。

 

肩こり腰痛で困っている人は、実は世の中にはたくさんいて、

友達の会話の中で「みんなも同じように感じているんだから」と

仕方がないものだと諦めてはいけないです。

 

肩こり腰痛と言うのはきちんとした方法でケアすれば

自分でも改善がある程度は可能な症状です。

 

主な原因としては自分の体の使い方の癖にあるので自分次第、

普段の姿勢などを改善するだけでも肩こり腰痛は良くなったりします。

 

逆に言うと肩こり腰痛を放って置くと

実は恐ろしい問題につながりかねないという事は覚えておいてくださいね。

 

例えば腰の場合椎間板ヘルニア、最悪の場合は仕事はおろか日常生活もままならない状況になります。

 

私は職業柄そういったクライアントをたくさん見てきましたが、

「痛みが出る」と改善にはかなりの時間を要することもあります。

 

そうなる前に肩こり腰痛をまずはひどくならないようにセルフケアをしっかりしてことが必要と言うことです。

 

もはや肩こり腰痛は国民病といえるでしょう。

実際に肩こり腰痛はもっとも訴えの多い問題で、

国民生活基礎調査では、肩こりは女性が訴える症状の1位です、男性では2位。

腰痛は男性で1位、女性では2位と「肩こり腰痛はいわば国民病」なのです。

 

肩こりと腰痛と言えば今の季節のように気温が低い冬場を連想するかもしれませんが、

雨が増えてくる春から梅雨、夏はクーラーの使用、夏から秋は台風が多く、肩こり腰痛が出てきたり

悪化するきっかけは常にあります。

 

肩こり腰痛は1年中悩みという厄介なものなのであります。

 

肩こり腰痛で太りやすくなる?

 

日本人の多くが苦しむ肩こりや腰痛。

これは運動器のトラブルであります運動着にトラブルがあれば、

それだけで体を動かしにくくなってしまう。

 

肩こり腰痛が、快適に動くことを妨げてしまうから動きたくないのは当然。

 

活発な日を生活を送ったりスポーツをしたりするのは難しくなってしまい、

結果として太りやすくなる。

 

また、活発に動かさないこと自体がさらに肩こり腰痛を悪化させてしまう傾向にあります。

動くことが減ればそれだけエネルギー消費が減るため、

カロリーの摂取と消費のバランスが乱れ太りやすくなる。

 

ダイエットをしようとした人にとってこれは大きな障害となり

「ダイエットが続けられない」という意味で精神的にもダメージが・・・

 

日常生活の中のいろんな場面で「肩こり腰痛」は悪さをしています。

肩こりや腰痛を感じておられる方は、まずはコリや痛みを解消させることを考えましょうね。

 

日本は長寿の国です。

「健康維持は必須なのです」皆さんが元気に老後を楽しめるために

こういった情報も発信していきたいと思っていますので、

これからもよろしくお願いいたします。

 

「You tube」で肩こり腰痛のセルフケアー方を公開しています。ここから

肩こり腰痛を改善するメリットはここから

 

根本的に肩こりや腰痛を改善したいという方は、

三宮でマッサージより気持ちいいと評判の当院へご相談くださいね!

関連記事