肩こり腰痛はストレスとうまく付き合うことも大切

三宮で肩こり腰痛改善はマッサージより気持ちいいあんしん(安心)整体「体Rescue」

 

当院のホームページをご覧いただきありがとうございます。

 

「神戸市三宮・さんプラザ3階の慢性肩こり専門整体・体Rescue」グループ代表の岡本です。

 

長年乗った車を手放すことになりました。

今度は軽四の電気自動車か、

ダイハツのかわいいやつが欲しいのですが

めちゃくちゃ悩み中。

 

今日は「肩こり腰痛はストレスとうまく付き合うことも大切」というお話し。

私たち現代を生きる人間にとって悩まされる症状、

慢性肩こりや腰痛には大なり小なり精神的ストレスも関与しています。

 

肩こり腰痛を改善するには、

筋肉の疲労のケアーのみならずストレスをなくすように努めることも必要です。

 

ストレスをもたらす原因には、周囲の環境や人間関係、精神的な状態状況など、

自分が思って、すぐにたやすく変える事はできない場合が多いのも事実ですね。

 

ストレスをなくすことができないのなら、

むしろ自分の方から「ストレスとうまく付き合ってやろう」、

と言う位の気持ちが現代は必要と言えるかもしれません。

ストレスと付き合うためには

まず、自分自身を客観視し、冷静に自分の性格の傾向を知ることが必要です。

 

こだわりが強すぎる、何から何まで完璧にやらなくては気がすまないなど、

無意識に自分を追い詰めてしまう傾向は無いでしょうか?

 

また対人も必要以上に気遣い過ぎたりして、

同じ空間にいる事、会話している行為自体がストレスになったりしないでしょうか?

 

考え方や行動の仕方に、人の失敗や欠点が許せない。

頼まれると嫌とは言えないなど、ストレスを増強させる事があるかもしれません。

 

無意識にストレススイッチを入れてしまう原因を見つけることができれば

ストレスをケアーできる確率が上がりますよね。

 

ストレスを感じやすい考え方や行動の仕方を少し変えるためのトレーニングです。

 

①ポイントはいつも謙虚でいる事。

 

②せかせかイライラしたら深呼吸などをして落ち着かせること。

 

③人となるべく会話しよう(対人が苦手な方は避けてください)

 

④常に感謝の気持ちを持とう。

 

それでもストレスを感じる時は

 

心身のこわばりをほぐすリラックス法をしてください

 

 

アロマテラピー

ラベンダーなどリラクゼーション効果があるアロマオイルをハンカチ等についてきたらして持ち歩けばなしでもリラックスできます。

 

呼吸法

ストレスを感じるときは呼吸が浅くなっている。ゆっくりと深呼吸を行いましょう

お腹を凹ませながらゆっくり息を吐き、お腹を膨らませながら鼻から息を吸い込む

腹式呼吸でリラックスを促進しましょう。

 

笑顔を作ることも大切です。

 

口角を上げるだけでも笑った効果があるので笑えない時でもしっかり口角を上げるようなことを行いましょう

 

日々の生活で慣れすぎて見落としてしまいがちな「ストレスを受けている」ということ。

これを自分で見抜けないことから「うつ病の発症」や、ストレスからの筋緊張から

肩こりや腰痛を感じたりします。

 

そして「姿勢が悪くなり」悪い姿勢が血流の悪さを促進し、

冷性になったり、また内臓に熱を持たなくなることで大病を招いたりする・・・

 

そういった事が「今まさに体内」で起こっているかもしれないのです。

 

生活の中に「ストレッチ」や軽負荷の運動を取り入れ、

一日に一回ぐらいは血液循環を良くして体を温めるようにしましょうね。

 

眼という病気は「糖質と冷え」を好むといわれています。

 

ストレスの影響や運動不足で体内の血液の巡りが悪くなり

「癌」の好む状況を自ら作らないこと!

 

これはとても大切ですよ。

 

日本は長寿の国です。

 

「健康維持は必須なのです」皆さんが元気に老後を楽しめるために

こういった情報も発信していきたいと思っていますので、

これからもよろしくお願いいたします。

 

根本的に肩こりや腰痛を改善したいという方は、

三宮でマッサージより気持ちいいと評判の当院へご相談くださいね!

関連記事