デスクワークの猫背が肩こり腰痛になる

三宮で肩こり腰痛改善はマッサージより気持ちいいあんしん(安心)整体「体Rescue」

当院のホームページをご覧いただきありがとうございます。

 

「神戸市三宮・さんプラザ3階の慢性肩こり専門整体・体Rescue」代表の岡本です。

 

年が明けて1月は行く、2月は逃げる、3月は去る・・・

本当に1月から3月まではあっという間に過ぎていきますね。

寒さもあとひと月ぐらいでしょうか?

梅が綺麗に咲き始めましたから春近しですね。

今から楽しみです。

 

さて今日は「デスクワークの猫背が肩こり腰痛になる。」というお話し

あなたがもし長時間パソコン作業をしているのであれば「肩こり腰痛」に要注意です!

何が要注意かというと猫背で長時間過ごすことは肩こりや腰痛を促進するからほかなりません。

 

デスクワークで人にとって、避けてくれないのがパソコンの作業です。現代社会は、デスクワークをする機会が多くなっていることも事実です。

 

そしてパソコンのソフトなので便利になった仕事は長時間座っている確率が高い。

 

そのためだれてしまい、悪い姿勢になってしまう。

 

こういった日々の姿勢があなたの肩こりや腰痛の原因になるのですね。

肩こり腰痛を改善するためにもデスクワークの姿勢を改善していきましょう。

あなたの仕事中の姿勢は危険がいっぱい

 

椅子に座ってデスクのパソコンに向かう時、

背中が丸まって顔を前に突き出すという姿勢をとってしまわないだろうか?

 

この姿勢はいわゆる猫背と一緒

 

この猫では、首や肩周辺の筋肉の負担が高まるためそれらの筋肉の慢性疲労を招き、

凝り固まってしまい肩こりになっていきます。

 

また、この姿勢は腰が後に大きく曲がった姿勢でもある。

これが腰への負担を強め腰痛とつながっていくのです。

 

座位は腰痛の大敵とも言えます

 

座っているから腰に負担がないと言うのは大きな勘違いです。

そもそも上半身の体重を支えるだけの筋力は腰にはありませんから

立位で足を使ってない状態ではかなりの負担が腰にかかって

腰痛から始まり、ひどい場合は椎間板ヘルニアと進行していく場合もあります。

 

こうならないためにも姿勢を正す必要があるということです。

 

骨盤の向きを改善すれば姿勢がが良くなる!

 

背中が丸まって猫背では、骨盤は後ろに固まってしまいます。

整体師がよく言う骨盤後傾と言う事ですね。

 

実はこの骨盤の後傾位が姿勢に大きく影響する。

背骨は骨盤の上にあるので、骨盤は背骨の土台と言える。

土台である骨盤の向きは、背骨の姿勢に大きな影響与えるのだ。

 

骨盤が後に傾く、背骨が前にまるまることで、骨盤のバランスを取ろうとする。

 

一方、背筋がシュットしてかっこよく、きれいな良い姿勢では、

骨盤がやや前に傾いた前傾と言う状態になっている。

 

骨盤の前傾と言うのは、腰を反らせてお尻を後に引き出すような姿勢の取り方です。

骨盤前傾位を保つと、骨盤の上にある背骨がまっすぐになる。

生理湾曲が正しく取れた状態の事ですね。

 

皆さんは姿勢を正しくしようと背骨ばかりを伸ばそうとしますがそれでは姿勢の根本的な改善にはなりません。

 

背骨を支える土台となる骨盤の向きを変えることで背骨の姿勢は良くなるのでそれを変える必要があります。

 

この骨盤を前傾に保つのは難しいと思いがちですが、

実はとても簡単な方法で骨盤の前傾を保つことができます。

 

椅子に浅く腰掛け仙骨に尾骨のあたりに

バスタオルを丸めたクッションを敷きます。

 

これで骨盤の前傾を作ることができます。

後は少し意識し背骨を上に引き上げるようにしていただくだけで肩こり腰痛予防はもちろん、

 

きれいな姿勢でいられるため、筋肉の働きのバランスが良くなり日ごろから良い姿勢でいることができるようになっていきます。

 

そうすると男通勤などの歩いている時間などに脂肪の燃焼効果も高くなりダイエットにも間接的に関与してくれます。

 

早速「バスタオル」を会社に持っていって始めてみましょう

 

 

根本的に肩こりや腰痛を改善したいという方は、

 

三宮でマッサージより気持ちいいと評判の当院へご相談くださいね!

関連記事