膝の痛みはつらい・・・

三宮で肩こり腰痛改善はマッサージより気持ちいいあんしん(安心)整体「体Rescue」

当院のホームページをご覧いただきありがとうございます。

「神戸市三宮・さんプラザ3階の慢性肩こり専門整体・体Rescue」整体師・スポーツトレーナーの岡本です。

 

雨の日が増えてきましたね。

季節が大きく動き始めたのでしょうね。

毎日のジョギングコースでは梅の花の香りが

気持ちいのです。だんだん気温が上がり始めますね。

春本番が楽しみです。

 

今日は「膝の痛みはつらい・・・」というお話です。

 

膝の痛みと言うのは腰の異常がいきなり下がってきて痛む場合があります

 

日本人は、筋力が弱く、もともとO脚気味な上に正座の習慣があるので、膝に無理な力がかかり、膝の痛みを抱えている人が多いと言われます。

 

実際に私たちの整体院グループに来られるお客様の3割位の方が膝の痛みを訴えています。

 

膝痛は一般的に、膝にだけに異常が起きていると思われていますが、整体的に見ると腰や股関節の異常が原因となっていることがあります。

 

膝が痛いときには、そのずっと上の腰のあたり腰椎中間の辺りの筋肉が硬くなっていると言う特徴があります。

(あくまで整体的な見解で医学的なけんかいではありません)

 

腰の筋肉の疲労は、骨盤に連動している部位で、体を捩じるときに使われています。

この腰を捻る動作がうまくできなくなると人間は無意識のうちに光を使って体をねじるようになります。

ところが膝という間接は捻じるように作られていないので、捻じられる力が加わると捻じられることを防ごうと筋肉の緊張が起き、痛みを発症させる→膝を守る。という流れになります。

 

腰の可動性が悪いために起こってくる膝の痛みは、

腰の動きが改良されても痛む場合があります。

 

その原因はいろいろ挙げられますが、

意外にも食べ過ぎから腰椎の中間が異常をきして痛みが起こることがあります。

またストレスで腰痛中間の動きに負担がかかりその結果として膝に影響が出ることもあります。

 

こうしたことから膝は健康のバロメーターであるという見方もできます。

 

膝が痛んだら、膝の根本的な原因を見つけることが大切です。

大切なのは膝に痛みが出る前に対応しておくと言う事。

(これは肩こりや腰痛も同様のことが言えます)

 

痛みが出てからの対応では改善に時間がかかりますし、

生活に差し支えます。

体に痛みがあるというのは本当に「辛い」のです。

 

そうならないためにも普段からケアを習慣にすることが大切です。

 

腰の筋肉の柔軟性を保つ、股関節を柔軟に保つ、上半身が猫背になっているならそれを

ケアするようなストレッチをやっておく事が大切ですよ。

 

実は、私も青年期の頃の怪我の後遺症で膝がよく痛みます。

そのため日ごろからケアをしっかりとやっています。

 

ケアをしていなかった以前より膝に痛みを感じる頻度が少なくなり、

私自身ケアの大切さを日々痛感しております。

 

それが故皆様にも「痛みを感じる前」にケアということを

このブログを通じて紹介しているといっても過言ではありません。

 

膝が痛いと立ち上がりにくい歩きたくない、アクティブな生活からほど遠くなり気分も滅入っていきます。そうならないようにしっかりと日々ケアをしておきましょう。

 

根本的に肩こりや腰痛を改善したいという方は、

 

三宮でマッサージより気持ちいいと評判の当院へご相談くださいね!