整体の効果

三宮で肩こり腰痛改善はマッサージより気持ちいいあんしん(安心)整体「体Rescue」

当院のホームページをご覧いただきありがとうございます。

 

「神戸市三宮・さんプラザ3階の慢性肩こり専門整体・体Rescue」グループ代表の岡本です。

 

窓越しに受ける日差しが温かくなってきました。

春近し!といったところでしょうか?

とはいうもののまだ寒の戻りがあるので油断は大敵です。

享年は冬の終わりにインフルエンザになってしまったので

まだまだ気は抜かず予防したいと思います。

 

今日は「整体の効果」というお話し。

整体業をしていてよく受ける質問に対してなんですが

「整体って効果あるの?」

 

答えは「はい。もちろんあります」

 

ただ間違った認識としては

 

「明日大事な試合があるんですが捻挫してしまって、整体を受けたら明日動けるようになりますか?」

 

「ぎっくり腰になりました、整体を受けるとスッキリしますか?」

 

「首を寝違えました、整体を受けると痛み名が無くなりますか?」

 

こういった症例。

 

いわゆるケガ、外傷などの「急性期」に対しては整体は効力がない場合が多いです。

 

もしあなたが整体を受けて「捻挫やぎっくり腰、寝違え」がよくなったのなら

それは、その局部の筋肉がどう?こう?というより、

 

痛みが出て、関節の動きが悪くなったために、

周りの筋肉でサポートするのですが、そのサポートして

余分に疲れてしまった筋肉の張りや疲れがよくなり、結果、楽になることがあります。

 

もしくは発症から少し時間がたって「慢性期に入ってから」の施術で

改善がみられることがあります。

 

こういった急性期はできるだけ「整形外科」を受診するようにしましょう。

 

急性期の症例では、整体の効果というのは発揮できない場合が多いですが、

慢性期や姿勢不良からの肩こりや腰痛、首のコリなどには

十分効果があります。

 

生活の中で悪くなった姿勢、その姿勢での長時間の作業や日常生活。

これが肩こりや腰痛を「ひどく」させているのですが、

このもとを整体で改善していくことで、その症状を緩和させて、

やがて症状、違和感を感じない状態になるということは整体で可能です。

 

簡単に言いますと、日常生活で悪くなってしまった姿勢。

その位置からの関節運動、これでは可動域が減少します。

 

そうなると「筋肉の動く範囲が狭くなる」

動きが小さくなることで筋肉への血液供給が少なくなる。

結果的に「凝る」「痛む」「筋肉が弱る」。

 

その悪い姿勢を施術で、その人なりのいい場所に戻す。

 

関節の動きを施術前と後で比べてもらう。

 

施術後に「軽く感じる」「動かしやすく感じる」と効果を確認してもらいます。

 

そして動きがよくなった関節の位置、姿勢で生活する。

筋肉に持久力が付き、その姿勢で常に過ごせるようになる。

 

また施術を受けて、さらにいい位置に姿勢を整える。

 

さらに関節の動きがよくなる。

その姿勢で生活をする、筋肉に持久力が付く

その姿勢で過ごせるようになる。

 

これ和繰り返していくことで「体が元気、健康」になっていきます。

 

その過程は人それぞれですが、施術後の変化を感じていただきながら

肩こりや腰痛のもとになっている姿勢やその他の原因を根本改善し

痛みコリの出にくい状態を作り上げていきます。

 

このように「整体」というのは対処療法ではなく

体の根本から改善していく「根本治療」になります。

 

一番良い整体の利用方法としては、「予防」が一番だと思います。

 

まだ痛みやコリが出る前、体の歪みが少しある時点で

整体を利用することで、コリや痛みをかんじないままで入れることが一番ですからね。

 

次は「コリを感じ始めた」ぐらいがいいでしょう。

 

もちろん「慢性的になった肩こりや腰痛」この状態で来ていただいても

全然いいですし、むしろそうなってから来られる方が多いのですが、

この状態は病気で言うところの「ステージ」はかなり進んでいますので

根本改善までに時間を要します。

 

慢性期で来ていただいた場合「体の変化」は感じていただきやすいのですが

皆さんの健康を思うと早目のご利用をお勧めします。

 

今日のお話をまとめてみますと、

 

急性的な症状は「整体」の効果はあまり期待できないかもしれませんが、

慢性的な肩こりや腰痛、首コリにはその効力を発揮できると思います。

 

これから「初めて整体を受けたい」と思っている方の

参考になれば幸いです

 

 

根本的に肩こりや腰痛を改善したいという方は、

三宮でマッサージより気持ちいいと評判の当院へご相談くださいね!

関連記事