知っていて損はしない肩こり解消法

三宮で肩こり腰痛改善はマッサージより気持ちいいあんしん(安心)整体「体Rescue」
当院のホームページをご覧いただきありがとうございます。

「神戸市三宮・さんプラザ3階の慢性肩こり専門整体・体Rescue」グループ代表の岡本です。

今日は春を感じる温度でしたね。
桜が咲いていてもいいような暖かさでしたが私は仕事をしていました・・・
もし今日みたいな日にお休みを頂けるなら、
たつの市御津町の綾部山梅林に出かけたいです。
梅の香りが春を感じますからね。

今日は、「知っていて損はしない肩こり解消法」というお話です。

肩こり解消は肩甲骨を動かすことが秘訣!!

日本人が自覚している症状で必ず上位に上がる肩こり。
普段の生活で肩甲骨を動かさないことが原因の1つに挙げられるわけです。

その原因さえしっかりわかっていれば解消法はいとも簡単で、
単に肩甲骨の運動すればいいと言うわけです。

ただ問題は長いことを動かせてなかった肩甲骨を、多方向に動かす事は意外と難しい。

なので、まずはストレッチで肩甲骨を動かすことから始めましょう。

日本人は欧米人に比べると、フィジカルが弱いといわれていますよね。
フィジカル、筋力が弱いと言う事は、当然、肩こりを起こしやすい状態と言うことです。

もちろん肩こりの原因はいろいろありますが、中でも多いのが皆さんもご存知の通り
「同じ姿勢での作業」「パソコン仕事などで眼精疲労」、「時間に追われるなどで運動不足」
などがあげられます。

特に中年以降の方は、年を重ねることにより運動量が減り、
成長ホルモンの分泌も悪くなるため、骨や筋肉が弱くなっています。

その、体を動かさない日常生活が、肩こりを促進させるので症状を訴える人が多いです。

それだけには限らず、運動不足や加齢というのは骨粗鬆症を招きやすくなります。
骨粗鬆症と言う事はカルシウムが不足している状態なので「イライラ」したりと
精神的なストレスもあり肩こりに影響します。

知ってて損はしない肩こり解消法は、肩甲骨の動きをよくするということ!

肩甲骨はもともとよく動くのですが、その動きを普段の生活で
無くしている場合が多いので、肩甲骨を動かせるようにしていくことが大切ですね。

では「知ってて損はしない肩こり解消法」を写真を使って紹介します。

 

椅子に座り、足を軽く開き、肩はリラックス。

次に肩の上下運動。肩を耳に近づけるように引き上げましょう。

次は「力を一気に脱力」します。

次に「肘を軽く曲げましょう。

肩甲骨を後ろでしっかり寄せながら肘を引く。

次は、肩甲骨間をストレッチしていきます。写真のようなポーズでストレッチできますよ。

最後に手を真上に引き上げて肩甲骨を動かします。

この動きを3回繰り返して行ってください。
肩回りがすっきりとします。

 

肩の動きや姿勢と深い関わりがある肩甲骨は、肋骨にかぶさるようについているのですが、
現代人が切っても切れないパソコンを使ったデスクワーク、読書、手仕事などの
動作ではほとんど、その部位を動かすことがなく、結果として筋肉が硬くなってしまいます。

こうなると立派な肩こり・・・となるわけですが、
こんな状況に陥っても「肩こり」と感じていない「隠れ肩こり」のかたもおられます。

そうならないためにもストレッチで肩甲骨の動きを良くして、
肩や首、背中の血行を促すことが大切になってくることがご理解いただきますよね。

このストレッチをやることで姿勢が良くなり肩コリや首こりを感じにくくなっていきます。

でも長年かけてついてしまった姿勢の癖。これを改善しなければ、根本的な改善とは
言えないので、癖が無くなるまではこのストレッチを生活の中に小まめに取り入れて
行かないといけません。

あなたが何気なく、考えずに行える動作は全て「あなた自身の癖」です。

その「癖」が「正しい動き」なら何ら問題はありませんが、
ほとんどの場合は正しいものでないのでそれを矯正する必要があります。
それをかなえてくれるのが「ストレッチ」です。

なので癖が出にくい状態を作るためにストレッチを取り入れてくださいね。

根本的に肩こりや腰痛を改善したいという方は、
三宮でマッサージより気持ちいいと評判の当院へご相談くださいね!

 

今日のブログの動画はここから→「やらなきゃ損、肩こり解消ストレッチ」

その他にも、分かりやすいブログを上げています。
下のタイトルをクリックしてみてくださいね。

知ってました、足の長さで体の歪みが分かることを?!

知っているだけで予防できる「肩こり」の本当の原因は?

関連記事