春はなぜ憂鬱になるのか?知っておきたいその対処法

三宮で肩こり腰痛改善はマッサージより気持ちいいあんしん(安心)整体「体Rescue」
当院のホームページをご覧いただきありがとうございます。

「神戸市三宮・さんプラザ3階の慢性肩こり専門整体・体Rescue」グループ代表の岡本です。

3月も中旬に差し掛かり、例年のごとく「寒の戻り」ですね。
今日から2~3日は暖かいみたいですが、私は仕事をしているので
あまり関係ありませんが、気候がよくなると
街に活気があり「楽しい」気持ちになりますよね。

今日は、「春はなぜ憂鬱になるのか?知っておきたいその対処法」というお話です。

春は朝夕と日中の気温の変動が大きくなり「自律神経の働き」が弱ります。
人の体は生命を維持するために、外の気温が暑い時は「放熱し」、寒い時には「保温」を行うように出来ています。

しかし春になり一日の中で寒暖差の激しい環境下におかれると、
熱を作ると熱を逃がすという指示や対応の切り替えを激しく行わなくてはいけなくなり、
気温が一定に保たれている場合の数倍のエネルギーを消耗すると考えられています。

そのため、自律神経の激しい切り替えは気づかぬうちに負担となり
体調不調となって感じ始めます。

では自律神経が乱れると、体の中ではどんなことが起こるのでしょうか?

交感神経と副交感神経のバランスが悪くなるなどして、
自律神経が乱れたときに最も影響受けるのが血液の流れ、腸、免疫力などです。

健康な人が病気になる原因は、血管系から免疫のトラブルによるものが多いのですが、
どちらも自律神経と大きな関わりがあるんです。

また腸も免疫機能に深く関わっています。

血液の流れ、腸、免疫力の3つはお互いに連動しているので、
どれか1つが悪くなるとにも悪影響を及ぼしてしまいます。

自律神経が乱れると血液の流れ、腸、免疫力も悪影響を受け、
それを放っておくと体にも様々な悪い症状や病気が現れてきます。

めまい、だるさ、倦怠感などを感じたり、更年期障害の方は更年期症状が重くなったり。

血管が原因の不調にかかりやすくなり、腸内環境が悪くなって便秘や下痢、免疫の低下にもつながります。
腸の働きが悪くなるため「肌荒れ」なども起こりやすい季節です。

自律神経系の乱れによる疲れで、「うつ病」を引き起こすこともあります。

4月は自殺者も多いのは自律神経の弱りとも関係があり、精神的にまいる季節です。

こういうことをしっかり予防することが必要になってきます。

これらの症状は病院でも原因が見つかりにくいことが多いのですが、
じわじわと効いてきますので放って置くと本格的な病気にもなりかねません。

神経の乱れが原因かな、と早めに気づいて自分で整えることが
どれだけ重要かと言う事を認識しておいてくださいね。

ちなみに自律神経が整うとどんな効果が現れるのかと言うと、まず疲れにくくなります。
そして風邪をひきにくい、睡眠が深くなってすっきり目覚めるようになります、
やる気が出てくるのもそうですね。

気持ちが穏やかになるなど逆に自律神経が弱っているとイライラするのでその辺も注意が必要です。

心身ともに健やかになれるんですね人生が大きくプラスに変わります。

簡単な自律神経の整え方

 

腹式呼吸です。

まず椅子に深く腰掛けます。
背筋を伸ばし、体の余分な力を抜いてリラックスします。

この時に癒しの音楽などを流すといいですね ^^)

そして、「鼻」からゆっくりお腹を膨らましながら息を吸います。
5秒ぐらいかけて息を吸ってくださいね。

お腹を膨らませて息を吸ったら、15秒かけて
お腹をへこましながら息を吐きましょう。

この「腹式呼吸」を2分間ぐらい行ってみてください。
この呼吸法をやるだけでも自律神経は元気になりますよ。

後は、慌てずに行動し、自律神経に大敵になるストレスをため込まないことや、
感じないように生活をすること。

リラックスした入浴。

ゆっくりと時間に追われず、リラックスした精神状態で
湯船に浸かることで「質の良い睡眠」がとれるようになります。
39℃~40℃のお湯に15分から20分ほど浸かりましょう。

アロマの香り

ラベンダーなどリラックス効果がある香りをリラックスに用いましょう。

いつもの日常を少しだけ工夫するだけで、
春の自律神経の弱りを改善できます。

肩こりや腰痛をはじめ、だるさやヤル気の無さなども
予防できます。
今日から早速取り入れてみてくださいね。」

知っているだけで予防できる!「肩こり」の本当の原因とは?

知っていて損はしない肩こり解消法

知ってました、足の長さで体の歪みが分かること?

根本的に肩こりや腰痛を改善したいという方は、

三宮でマッサージより気持ちいいと評判の当院へご相談くださいね!

関連記事