知っていました、肩こりは背骨の構造と関係あるということ

三宮で肩こり腰痛改善はマッサージより気持ちいいあんしん(安心)整体「体Rescue」
当院のホームページをご覧いただきありがとうございます。

「神戸市三宮・さんプラザ3階の慢性肩こり専門整体・体Rescue」グループ代表の岡本です。

3連休最終日ですね。
春の選抜高校野球って今は春休みに入る前から大会が始まるんですね。
昨日テレビを観ていてびっくりしました。
高校野球も始まり、お彼岸にも入ったので寒さも終わりですね。
桜の季節に向かっていきます!楽しみでいっぱいですね。

 今日は「知っていました、肩こりは背骨の構造と関係あるということ」というお話です。

今日は初めにお伝えしておきます
「肩こり解消は正しい姿勢が大切です。」

筋肉疲労による肩こりの解消と再発防止のために、
最も効果的な方法は、肩こりを招く生活習慣や生活環境に潜んでいる
問題を1つずつ解消していくことです。

病院や薬局で消炎鎮痛薬を処方されて使用するや、
神経ブロックなどの方法で一時的に痛みから逃れることができても、
肩こりや腰痛の原因になっている姿勢や環境は変わらない限り、
薬をやめれば再び同じ症状に悩まされることになるのです。

とは言え、毎日無意識にとっている姿勢を整える事は容易ではありません。
なので「なぜ姿勢は乱れるのか?」ということを知っておくことが」大切になります。
理論的に理解できれば「癖を治す」ことに気を付けることができて改善が早くなります。

 そこで、まず肩や首周りの構造を知ることから始めましょう。

自分の肩こりの理由もわかり、姿勢や環境を改善
する手がかりになります。

 「人の体は肩こりを起こしやすい!」

肩こりを起こしやすい原因の1つに背骨の構造があります。
私たちの体を支えている背骨は頭蓋骨の下から骨盤まで、
椎骨と呼ばれる骨が24個積み重なってできています。

上から順番に首のとこですね頸椎7個、
胸のとこですね胸椎12個、腰の部分、腰椎5個この3つの部分に分けられてます。

これらの骨は、横から見ると頸椎は前に胸椎は後に腰椎は前に湾曲しています。

 この緩やかなS字カーブを生理的湾曲と言います。

この湾曲のおかげでバランスを保ちながら
頭やー体の重みが分散し日本の足で立ちさらに運動による衝撃や筋肉への負担を和らげているのです。

実は、体のバランスを保ちながら様々な動きをするという
背骨の役割こそが「肩こり発症」に大きく関わっているのです。

皆さんが普段の生活で行っているデスクワークや車の運転で前かがみの姿勢になったり、
骨や関節を支える筋力が低下してしまうと、背骨のS字カーブを正しく保ちにくくなります。
そのことが原因で肩こりを起こしやすくなると言う事ですね。

生活で乱れてしまう「背骨」のバランスを整えることで
肩こりや腰痛は解消されるし、予防にもなるのです。

いわゆる「猫背」の写真です。
胸椎が後方に出て、骨盤が後傾しています。

この姿勢こそが「肩こりや腰痛、首のコリ」を感じるようなる代表格ですね。
下腹部の腹圧が抜けることで、下腹部の筋肉に熱を持たず、
冷たくなった筋肉を通過した血液が末梢に行き「冷性」になったりもします。

肩甲骨が外側前方の位置に行くので、間違いなく「肩こりを起こします」

これが「いい姿勢」ですね。
良い姿勢をするときに「胸を張って足をそろえて、お尻の穴に力を入れて・・・」
ってよく指導していますが、それは「力む」のでやめましょう。

胸郭(肋骨」をお腹を軽くへこませながら上にあげるイメージです。

この姿勢が「肩こり、腰痛、首コリ」を改善し、予防する姿勢です。
「いい姿勢」は」しっかりと練習しましょう。

パソコンやスマホを使いすぎる人に多い
「ストレートネック」です。

これは頭痛を感じます。
自分の首が上の写真のようになっていないか?どうか?を
一度確認してみてください。

姿勢を整えるだけで「肩こりや腰痛、首コリの症状」が改善されることがあるぐらい
正しい姿勢というのは大切です。

毎日少しの時間からでもいいので「よい姿勢」でいる時間をたくさん作ってくださいね。

そうっすることで「肩こりや腰痛」は改善しますよ!!

根本的に肩こりや腰痛を改善したいという方は、

三宮でマッサージより気持ちいいと評判の当院へご相談くださいね!

関連記事