むち打ち症

三宮で肩こり腰痛改善はマッサージより気持ちいいあんしん(安心)整体「体Rescue」
当院のホームページをご覧いただきありがとうございます。

「神戸市三宮・さんプラザ3階の慢性肩こり専門整体・体Rescue」グループ代表の岡本です。

 今日は「むち打ち症。」というお話です。

首回りの衝撃で起こる様々な障害むち打ち症は、有名なところでは、
交通事故で首に不自然な力が加わったときによく見られる症状です。

首の下から上に向かって力が伝わって、後に強く反ったり、激しく前屈したりすることによって
首の骨や周辺の組織が衝撃を受け、首に痛みや不快感が現れます。
(衝撃により筋が損傷している)

転倒、転落事故、人とぶつかり合うスポーツなどでも起こり、
病院へ行くと、頸椎捻挫なると診断されます。
(体操、ラグビー、アメフト、サッカー、ホッケイ、野球など)

首を回したり反らせたりする時に痛みが出ますが、
症状は事故から数時間以上経ってから現れることが多いのが特徴です。

もし交通事故に起こった場合は事故直後、
大丈夫だと思っても「一度病院に行ってみます」と言うことがいいかもしれません。

椎間関節の損傷が推測されていますが、
微細な損傷をレントゲンの画像で確認することが困難です。

レントゲン上に異常がなく「どうもないですよ」と言われることも
多々あるように思います。

首の痛みだけにとどまらず、背中の痛みやコリ、頭痛ややめまい、
異常感覚、筋力低下、視力障害など、様々な症状が現れることがあります。

雨が降る前や雨降りの日などに首に違和感を感じはじめたり、
頭痛を感じる方も多いですね。

これは大気圧の関係や大気中のイオンの影響という方もおられます。

症状が出るメカニズムについてもわからないことが多いため診断や治療が難しい病気です。
事故直後は安静第一に一カ月程度で治る場合が多い。

受症直後の1週間は安静第一です。

これは「筋損傷」が治癒されるまでは動かさない方がいいということです。
炎症を起こしている筋肉を動かすと、さらに炎症を起こし治りが悪くなるので安静がいいということです。

首をなるべく動かさないようにし、痛みが酷いようなら消炎痛薬を処方してもらいます。

椎間関節へのブロック注射が有効な場合もあります。
カラーで首を固定する場合は、急性期を過ぎたら徐々に装着時間を短くします。

これは痛み炎症が治まると早急にやめないと筋力低下が進んでしまい
余計首こりを感じるようになる可能性があるからです。

痛みがおさまってきたら、痛みが増強しない範囲で首の筋力を高める運動行うと良いでしょう。
病院ではこの流れで治療されていきます。

むち打ちかな?と思ったら

まず一番に病院を受診するべきです。
一般的には整形外科です。ただ筋肉や骨以外の原因で
首に痛みがある場合もありますので、整形外科で問題ないと診断されても
痛みがある場合は医師に相談し違う科を受診することも大切です。

なぜ「医師」に診てもらうことが一番かと言いますと、

先ほども言いましたが「その他の原因」が考えられるので
安易に考えないことが一番です。

例えば、「低髄液圧症候群」かもしれないということ。

むち打ち症がなかなか治らない人の中には、「低髄液圧症候群」と
いう病気を起こしていることもあります。

この病気は、脊髄をおおっている硬膜が損傷し、
髄液が漏れ出すことで髄液圧が低下するものです。

こんな病気は「医師」に診てもらわなければわかりません。

整体や接骨院では「その病気に気づかないまま」治療し、
発見が遅れるとりすくもたかくなりますので、まずは「医師の診断」これは覚えておいてください。

で、「むち打ち症」だということが分かって
改善するための選択肢の中に整体や接骨院があるということです。

むち打ち症で治りが悪い人は是非当院にご相談くださいね。

これも医学的見解ですが、
むち打ち症発症した人を対象にしたある調査によると、
平均1ヵ月程度で急性期の症状が治っていきます。

しかし1割越えの人は半年以降も症状が続いていることがわかりました。
痛みが長引く場合、不眠など精神的な不調訴える人が少なくありません。

その場合は精神安定薬の服用や心理療法を試みるのも1案です。

 

根本的に肩こりや腰痛を改善したいという方は、

三宮でマッサージより気持ちいいと評判の当院へご相談くださいね!

関連記事