胸郭出口症候群

胸郭出口症候群

血管や神経が圧迫され肩こりやしびれなどが現れる 胸郭出口とは、
鎖骨と第一肋骨の間で、首の前方にある前斜角筋、中斜角筋に囲まれた部分のことをいいます。

鎖骨下動脈.鎖骨下静脈や、脊髄から枝分かれして憂いにつながる上腕神経叢は胸郭出口を通っています。

胸郭出口が狭いとこれらの血管や神経が圧迫され、
肩こり、首、肩のこわばりや痛み、腕の冷感や脱力感、
ひどい場合は肩や腕に痛みやしびれなどの症状が出てきます。

上腕神経叢(ジョウワンシンケイソウ)は腕の末端に行くほど細く別れ、
末梢神経となって手の指まで達しているので上腕神経叢が受けた刺激は
肩から指先まで広い範囲新伝わり、様々な部分に症状が現れる。

また、交感神経とつながっていて自律神経系に影響与えるため、
顔面のしびれ、頭痛、吐き気、目のかすみなどが起こることもあります。
こうなってくると厄介です。

胸郭出口症候群を改善するには 胸郭出口症候群は比較的稀な疾患で、
女性では20代~30代が好発年齢と言われています。
いわゆる「なで肩」で筋肉があまり発達してない人に起こりやすいと言われていて、
筋肉が弱く、上腕神経叢が腕の重さによって胸郭出口で引っ張られるのが原因です。

筋力が弱いことからも女性に多いということが分かりますよね。

男性は中高年で「いかり肩」、筋肉質、首の短い人に多く
血管や上腕神経叢が圧迫され血行不良や神経の炎症を起こすことが原因と考えられています。

症状の現れ方

電車のつり革につかまる時のように肩をあげて後ろに反らす運動や、
首を反対側に傾けてさらに後ろへ反らす運動をする時に痛みやしびれが強くなります。
また進行すると、このような動作がまったくできなくなります。
そこまで進んでしまうまでに気づくことも大切ですね。

腕を引っ張った時に症状が出る場合はこの病気の可能性があるので、
整形外科などでレントゲン検査で骨の携帯、頸椎などの状態を調べ、病名の確定診断を行ってもらいましょう。

病院での治療法は温熱療法と運動療法が中心です。

痛み止めの薬や筋弛緩薬を使用したり、神経ブロックを実施することもあります。
重症の場合は肩甲骨バンドをつけ胸郭出口を広げることもあります。

普段の生活で気をつける事は、
腕を下げて行う作業や、首に負担がかかる作業は避け、重い荷物を持つことを控えます。

ただ胸郭出口症候群は筋力が弱い人に起こる症状なので体の歪みを取り、
筋肉をしっかりと鍛えるトレーニングを行うことで改善されます。

薬を使った対処療法で痛みが引いたら後は根本改善を目指しましょう。

根本改善を目指すには、自分の体の使い方を変えるため整体などを利用し、
そして整体で体を整えて、安定してくると筋力強化をするトレーニングなどをすることをお勧めします。

このトレーニングもしっかりとトレーナーについてもらいましょうね。
痛みからのは回復時は「アスレティックトレーナー」です。
痛みがなくると「スポーツトレーナー」についてもらい正しい関節軌道で
筋力UPしていきましょうね。

自分でも胸郭出口症候群を運動療法で改善しよう!

両手を後頭部で組んで、肘を閉じたり開いたりを繰り返す運動。
肩の関節を意識しゆっくり大きく動かします。
肩甲骨は背中の中央で寄せて行うとさらにいいですよ。

壁を使って腕立て伏せ

壁から足を40~50cmはなし、両手を壁につけて腕をゆっくり曲げて
腕立て伏せをしましょう。

こういった運動療法をしっかりと行うことでその症状は根本改善していきます。

何もやらないと消炎鎮痛薬で痛みが出たものに対しての対処療法になり、薬
で痛みをごまかした状態ということになります。

両方を上手に使いながら根本改善することをお勧めします。

関連記事