首の疲れをケアーしよう

三宮で肩こり腰痛改善はマッサージより気持ちいいあんしん(安心)整体「体Rescue」
当院のホームページをご覧いただきありがとうございます。

「神戸市三宮・さんプラザ3階の慢性肩こり専門整体・体Rescue」グループ代表の岡本です。

今日は予報より暖かい一日になりましたね。
桜は遅く咲いたやつは今満開ですね。
週末まで持ってほしいですが、
土曜日は兵庫県は雨予報なので花が全部散ってしまうかもしれませんね。

今日は「首の疲れをケアーしよう」というお話し。

はじめに「なぜ首が疲れるのか?」を知っていただきたい。

首コリの原因はさまざまです。
そのほとんどは、あなたの生活の中での行動に潜んでいます。

首の血行不良やい筋肉への酸素不足、疲労物質の蓄積・・・など

 生活の中で首の筋肉にストレスがかかり「血液の循環」が悪くなって
起こっています。

そもそも3~5Kgも重さがあると言われている頭を支えているだけでも疲れる部位です。

姿勢がいい状態でも首の筋肉は疲れそうなものなので
姿勢が乱れたりすると「たちまち首コリ」を感じてしまうのは
当たり前なんです。

長時間のデスクワークや、家事に育児スマホをで調べたり
SNSにのめりこんだり、ゲームをしたりすすと、どうしても下を向いてしまいます。
こういった姿勢が「首の後ろの筋肉」を疲労させてしまうのです。

それと同時に腰や背中が丸まり、頭が前に突き出た状態になると
何気なく左右に振り向いたり上を向くだけで、首の筋肉に過剰な活動を強いられます。

さらにいいますと、悪い姿勢を長時間とり続けたり、
首の筋肉を過剰に緊張させたまま腕を動かすなどの行動をとると、
よけいに首の筋肉へストレスがかかります。

首という部位はそもそも筋肉が小さいので疲労しやすいのです。
おまけに頭につながる血管が数多く集まっており衝撃に弱い・・・

こういった理由から「首」という部位は
小まめにセルフケアーしないといけないということです。

では、簡単でどこでもできる首のストレッチのやり方ですね

小さな動作で簡単にできる方法をご紹介します。

30分~1時間に1分間をのストレッチを習慣化するだけで、
肩や首の緊張がほぐれ、血行がよくなります。肩と首の疲れが解消されてきますよ!

肩上げ(2~3回)
1.息を吸いながら両肩をあげ、首をすくめるようにする

2.息を吐きながら両肩をすとんと落とす

肩全体の筋肉を意識して! 呼吸と同時に行いましょう。

首回し(右左2回ずつ)

1.息を吸いながら頭を右から後ろへ回す

2.息を吐きながら頭を後ろから前へ回す

左も同じように

首周りの筋肉をリラックスさせましょう

僧帽筋ストレッチ(左右1回ずつ)

1.息を吸って右手を後ろに回し、左手で右手首をつかみます。

 

2.息を吐きながら手首を左方向へ引っ張る。同時に頭も左に倒します。

反対側も同じように

僧帽筋は別名「肩こり筋肉」僧帽筋を動かすことで
肩周りの緊張を解消し血行を改善させます。

動画でも「首のコリの解消法」を紹介しています。

今日は「首周辺の筋肉のストレッチ」にフォーカスして紹介しましたが・・・

本当は同時に足やお尻といった大きな筋肉をストレッチしてから行うのがいいです。

人間の体はとてもよくできていて、ストレッチやマッサージで
部分的に血流をよくすると、その部位だけが熱を持っていることを
異常だと察知し、その部位を極端に冷やそうとします。

 

結果的にサーモグラフィーなどで見ると
ストレッチやマッサージを行う前は「青い」ぐらいの冷え方だったのに
「紫」まで冷えてしまいます。

こうなると改善・・・ではなく、
良かれと思ってやったことが悪化させてしまうということになってしまいますので、
是非、足もストレッチして全身の血流を上げましょうね!

では、とても簡単ですから早速始めてみましょう!!

関連記事