五十肩

五十肩

五十肩とは激しい痛みが続く肩関節の病気

50代を中心に40から60代によく起こる50肩(40肩)は肩関節の病気で、
正式には肩関節周囲炎といいます肩関節の周りの組織に炎症が起こり、
激しい痛みを伴う病気です。

発症は肩の違和感から始まってじわじわと痛みが強くなり、
突然激痛に見舞われて肩を動かせなくなることが一般的です。

たいていは片方の肩に起こりますが、左右両肩に起こることもあります。
痛みは自然に治っていきますが、完全に良くなるまでは1年から1年半ほどかかります。

が、痛みが引いても肩関節の可動域が回復しないままで
それに気づくことなく生活している方も多くおられます。

この場合は「痛み」は感じなくなるものの、
肩こりは常に感じている場合が多く、完全な治癒とは言えない状態のように思います。

もし、あなたが以前五十肩になり、今は痛みを感じなくなっているけど
「肩こり」を強く感じる場合は整体などに通い「肩関節の可動域」を
正常に戻すことをお勧めします。

肩関節の組織の老化から始まる

関節は、軟骨や靭帯、
筋肉との結合部の腱などが連動して働いています。

これらの組織は加齢とともに硬くなり、
血流が悪くなって組織に酸素や栄養が届かなくなります。

組織はもろくなり、ちょっとした刺激で炎症や損傷を起こすことがあります。
これが肩関節の周辺で起こったものが50肩です。

特に炎症を起こしやすいのは、肩甲骨と上腕骨をつないでいる健康上腕関節と肩峰下関節周辺です。
健康上腕関節は、腕を自由に動かすために、肩の噛み合わせが浅くなっています。

そこで腕が脱臼しないように肩甲骨から上腕部にかけて
9つの筋が引っ張り上げるようにして支えています。

中でも、関節のつなぎ目を包むようにしている
棘上筋、棘下筋、肩甲下筋、小円筋の4つの筋肉は回旋腱板筋と呼ばれ、
肩関節の動きに大きく関わっています。

筋肉は腱と言う 強靭な繊維の束で骨とつながっていて、
回旋腱板筋の腱分を腱板といいます。

腱板が廊下や外傷により炎症を生じた状態が、
五十肩で最も多いケースです。

ほかに、棘上筋と肩峰にはさまれた肩峰下滑液包や、
腕の上腕二頭筋長頭腱に炎症が起きている症状が出る事もあります。

五十肩と間違えやすい症状(腱板断裂)

腱板とは、回旋腱板筋と呼ばれる4つの筋肉が骨にくっついてた
腱部分をいいます。

腱がちょうど板のように並んでいるのでこういった呼ばれ方をします。

腱板が部分的や完全に断裂するもので、60歳以降に好発します。
五十肩と違うところは「自然治癒」しにくいということ・・・

いわゆる保存療法で痛みを抑えるのですが、
断裂が大きいほど肩の関節の機能障害が強く、
西洋医学的には治療方法は手術になります。

「手術は嫌」ですよね・・・
そう思う方は、若年層の間からしっかりと筋肉強化を図り
予防しておきましょう!

では「予防のための運動」

体側に腕をつけて肘を90度に曲げて首はまっすぐにします。

肩の関節を外旋させます。
タオルをわきにはさみ落ちないようにするのもいいです。

連続して内旋させます。
この運動を20回×3を1セット行うようにしましょう。

【関連記事】

肩こり解消に必要なこと http://karada039.com/archives/140

肩こりは予防が大切って知ってましたか? http://karada039.com/archives/73

知っているだけで予防できる!「肩こり」の本当の原因とは?http://karada039.com/archives/393

【寝方が悪い寝具が合わないだけで肩こり、腰痛首コリを感じる】

関連記事