肩こりは筋肉の仕組みを知ることが大切

三宮で肩こり腰痛改善はマッサージより気持ちいいあんしん(安心)整体「体Rescue」
当院のホームページをご覧いただきありがとうございます。

「神戸市三宮・さんプラザ3階の慢性肩こり専門整体・体Rescue」整体師・スポーツトレーナーの岡本です。

*5月は毎週日曜日お休みいただいています。

街を歩いていると「半袖」の方も増えてきましたね。
季節は夏に向かってきています。
この前の休みの日「ロードバイク」でサイクリングに出かけたら
日焼けしてしまいました。
日焼け止めを塗らないといけない季節到来ですね。

 今日は「肩こりは筋肉の仕組みを知ることが大切」というお話し

筋肉と言うのは、加齢とともに硬くなりやすいものと(よく使う筋肉)、
弱りやすい筋肉(使えなくなった筋肉)の2種類に分けられます。

この筋肉の組み合わせを見ると、

なぜ前かがみの姿勢ができるのかという仕組みが分かります。

胸の筋肉(大胸筋)が硬くなる、と言う事は、胸の筋肉を常に収縮した態になっています。
この状態になると肩関節が前に引っ張られ肩甲骨が外に広がってしまった状態です。
(脊柱から肩甲骨が離れている状態ということです)

もうお分かりですね。これが猫背の姿勢になります。

肩甲骨を背骨側に寄せる役割を果たしている背中の筋肉(菱形筋)があるのですが、
この背中側にある筋肉(菱形筋)は弱くなりやすい筋肉であり、弱くなると、背中中央に肩甲骨を引き押せられなくなるので、やはり肩甲骨が外に広がってしまうので、さらに猫背を促進してしまいます。

ご近所で見かけるお年寄りに猫背が多いのは、胸の筋肉(大胸筋)が硬くなったり、
背中の筋肉(菱形筋)が弱ると言う筋肉のバランスのせいだったのです。

その姿勢をケアーすることなく何十年も続けていた・・・その証です。

 若いから大丈夫という考え方は捨てよう

「私は若いから大丈夫」って安易に考えている方が多くおられますが、
それは大きな間違いです!!

あなたが、もし日常に「トレーニングする時間」や「体をケアー」する時間を
設けていないのであれば、あなたは高い確率で将来「猫背」になります。

少しだけあなた自身のライフスタイルを思い出してみてください・・・

仕事をしているとき、家事をしているとき、車の運転をしているとき、
パソコンで調べ物をしているとき、スマホでSNSをしているとき、
すべて前向きで行ってはいないでしょうか?

こういったことの蓄積があるのに、トレーニングもせず、
ストレッチもせず・・・では「将来、猫背」になっても何らおかしいことなどないのです。

同様に、ご老人が転倒しやすくなるのも、膝から下の腓腹筋、
ヒラメ筋 ふくらはぎの筋肉と、膝下前面に付いている前脛骨筋のバランスが悪くなり
つまずきやすくなるということです。

ふくらはぎの筋肉が硬くなり短くなる、つま先が上を向きます。
それをすねの筋肉で支えられないので、転びやすくなるわけです。

それを踏まえて考えますと、硬くなりやすい筋肉はストレッチをして、
弱くなりやすい筋肉は筋トレが必要ということになります。

こうやってバランスを整えることによって将来、猫背になりにくくなったり、
歩いて転倒するということを予防できたりします。

 

皆さんがよく勘違いしているように1つの筋肉だけをストレッチして柔軟性を上げても、
効果はほぼ得られないと言うことを今日から肝に銘じて、自宅でしっかりセルフケアをしていきましょう

 

三宮でマッサージより気持ちいいと評判の当院へご相談くださいね!

関連記事