肩こりも腰痛も脳がごまかすことで起きる

三宮で肩こり解消はマッサージより気持ちいいあんしん(安心)整体「体Rescue」

当院のホームページをご覧いただきありがとうございます。
「神戸市三宮・さんプラザ3階の慢性肩こり専門整体・体Rescue」整体師・スポーツトレーナーの岡本です。

 *6月は毎週日曜日お休みいただいています。

蛍の季節がやってきましたね。
私は住んでいるところが姫路s市近郊なので
30分から1時間車を走らすと「蛍」を見に行くことが来ます。

私が中学生のころまで地元でも見られたのですが、
は全くいないので毎年佐用の方まで出かけています。
凄くきれいで癒されますよ。

さて今日は「肩こりも腰痛も脳がごまかすことで起きる」というお話し。

普段何にも考えず生活していますと、そんなすごい能力があると感じる事はありませんが、

実は人間の体というのは、しっかりと二足歩行で歩けるように
バランスをとるための多くの仕組みが備わっているんです。

人間の脳というのは本当にすごい!この一言に尽きます。

どういったものが備えられているかと言いますと・・・

姿勢のセンサーは視覚、内耳、体性感覚(筋肉、靭帯、皮膚などの体を構成する組織にある感覚器)
この3つがあります。

このセンサーが全身に張り巡らされ、体のどこにどれぐらいの力が入っているのかを感じ取り、
その情報を脳(大脳や小脳)などに送ることで、重心の位置や傾き名地が判断されています。

そんな重要な役割を担っている「筋肉」が部分的に過剰なぐらい頑張ってしまったり、
知らず知らず硬くなっていたりすると、体の軸が微妙にずれてしまいます。

ただ、人間の体はうまくできていて、多少のずれや歪みがあっても脳がうまいこと修正し、
動作に支障がきたさないようにしていくのです。

ということは、正しい体の軸を脳がごまかしている状態ということになります。

体の軸がぶれていても気づかないまま、
日常生活を送っているということになります。

 そこに気付かないでいるからこそ「肩こりや腰痛」は起こるようになる。

軸がずれているということは「体のどこかに無理」が来ている状態ですから、
肩や首にその症状が手も何もおかしくないです。

軸がずれている状態での生活は、身体を動かすうちに体のバランスはどんどん偏り
正しい軸をますます認識できなくなっていきます。

これを予防しておかないと

何もしていないのに腰が痛い」「ぎっくり腰」

「肩が上がらない」「頭痛がするぐらいの肩こり」となってしまいます。

だから「脳がごまかさずに済む状態」を作り上げる必要があります。

筋肉のこわばりを解消するためにはストレッチを日常に取り込むことが大切です。

ストレッチを毎日することで体の軸は修正され、
より動きやすい体が獲得できますよ。

そうして「軸」がずれずに生活できると「肩こり腰痛」を
あまり感じることなく生活でき、
体調不良のストレスから解放されます。

人生を楽しむためにまず大切なことは
「健康であること!」です。

人生においての目的ではないので
忘れられがちですが「健康は最初の条件」なんですよ。

しっかりとストレッチを生活に取り入れましょうね!

関連記事