肩こり腰痛は間違った認識が進行させていく

三宮で肩こり専門・あんしん(安心)整体「体Rescue」

当院のホームページをご覧いただきありがとうございます。
「神戸市三宮・さんプラザ3階の慢性肩こり専門整体・体Rescue」整体師・スポーツトレーナーの岡本です。

*7月は毎週日曜日と祝日は定休日です。

今日は台風ですね。三ノ宮もよく雨が降っています。
各地天災がなければいいのですが・・・
ただ台風が来たということはそろそろ梅雨明け?ですよね。
そうなると夏本番!楽しく過ごしたいですね。

さて今日は「肩こり腰痛は間違った認識が進行させていく」というお話です。

当院をはじめて利用していただくクライアントさんの方とカウンセリングの時のお話しの中で
聞くことがありますが、

マッサージに行けば行くほど、強く揉んでもらわないと気持ちよくない、効かないと言うこと・・・があります。

「肩こりや腰痛を感じておられる方」などは、これはマッサージ屋あるあるだと思うんですが、

「これはひどいねー。ガチガチですよ、指が入らない位固いです」

そして、あなたも「そうなんですか?固いんですか?」

「では頑張って今日は強めにマッサージしますね!」

あなた自身も「お願いします」

なんて流れで、マッサージ屋さんでマッサージを受けた事があるという方も多いと思います。

*実は強く押しすぎると筋肉がダメージを受けすぎ体に好くないことだらけなんですよ
覚えておいてくださいね。

「強く揉んでもらっているのにあんまり何も感じないなぁ。」

「もっと強く押してもらいたいんだけど」ともしあなたが感じているなら
あなたの肩こりや腰痛はかなり進行していると思います。

 触っている方からすると、「硬くなった筋肉を力を入れて押している。」

でも、触られているあなたの方からすると、あまり何も感じないのです。

押されている感覚はあるのですが、

重ねたラップ越しに押されているような、なんだか物足りない感じがしている。

実はこれ、肩こりや腰痛がかなり悪化している状態です。

筋肉の状況で言えば末期症状です。

本来の柔らかい筋肉を押した場合、感じ方っていうのはどうなのでしょうか?
ただ押されている感じがあるだけですよね。

これを1番良いレベルとします。

次に筋肉が硬くなり始めた段階ではその筋肉を押したときの感じ方が「痛い」ですよね。

そして次は「痛気持ちいい」→「気持ちいい」→「くすぐったい」

→ 「何も感じなくなる」と言うように症状が進行していきます。

痛いのもが最も悪くて、気持ちいいとかくすぐったいはまだ
まっしなのではないかと思っている方がおられますがそれは違います。

 

この感覚の間違えが、あなたの肩こりや腰痛を悪化させていくのです。

マッサージで押されても

「何も感じない」→「痛い」→「痛気持ちいい」→「気持ちいい」→「くすぐったい」

→ 「何も感じなくなる」

この順番をしっかりと覚えておいて、
そして「感覚のずれ」を修正することで、あなたの肩こりや腰痛の症状を
早めに対応することが可能になり、筋肉の症状が末期になることを防ぐことができます。

何事もそうなんですが「そもそも」の部分を間違えなければ悪化することは少なくなります。

あなたが肩こりや腰痛で悩み続けなくてもいいようにしっかりと感覚を見つめなおしてみてください!

関連記事