肩こり解消ストレッチ

三宮で肩こり専門・あんしん(安心)整体「体Rescue」
当院のホームページをご覧いただきありがとうございます。

「神戸市三宮・さんプラザ3階の慢性肩こり専門整体・体Rescue」整体師・スポーツトレーナーの岡本です。

*7月は毎週日曜日と祝日は定休日です。

先週末に甲子園でプロ野球観戦してきました。
お客様からチケットをいただいたので、
いつもはライトスタンドなんですが
今回は阪神のベンチのすぐ上での観戦でした。
いつもと見え方が違ってよかったです。

さて、「肩こり解消ストレッチ」と言うお話です。

皆さんがよく口にする「何もしていないのに肩こりを感じる」という言葉。
そうです、ごもっともなんです。

一日生活をして、疲労している筋肉の疲れをその日の内に取り除く事をしないと
肩こりや腰痛は慢性化してしまうのです。
怪我のように「明らかな外傷」で肩こりは起こるわけではなく、
毎日毎日の筋肉の疲労の積み重ねで、
徐々に体にダメージが来るのであなた自身の感じ方としては「何もしていないのに・・・」

となるわけです。

その結果「ある日突然肩こりを感じる」ようになったと言ってしまうのもわかりますよね。
仕事にしろ、学業にしろ、家事にしろ、一日生活していれば身体は疲労するわけですが、
関節の動きに対して最小限の筋肉しか使わずにすましてしまっている
筋肉の疲労はたちが悪い・・・

要は「生活に運動を取り入れてない人」の疲れかたですよ。

ある一定の部位だけに集中して筋肉の疲労が起こるので
割と早い段階で「肩こりや腰痛」を感じ始めます。

それを解消する方法は、毎日のストレッチ!それと入浴法です

まずはあなたの肩こりの度合いを知ろう

肩こりの度合いがわかったら次は解消法

肩こり解消法

入浴で疲れをいやす

暖かいお風呂(40℃)に入ることで血液循環が良くなり、
新陳代謝が活発になることから疲労物質が流れていきます。

入浴中は水圧で体の圧がかかっていますので、
血流がよくなります。

それにプラスして、一日の終わりの入浴は
睡眠の質を上げるように工夫してはいるほうがいいです。
寝ている間に疲れは回復していきますからね。

特に副交感神経に働くという40度前後のぬるめのお湯に浸かることで、

体の芯からリラックスできます。

お湯の温度は好みが別れるところですが、
熱いお湯に短時間入るより、ぬるめのお湯で長時間浸かるようにすることで、
芯から温ることができます。

のんびり気分を落ち着かせる時間と考えた方がよいと思います。
シャワーの水圧を上げて肩や首、ふとももやフクロハギを

水圧でマッサージするのもいいですよ。
夏はシャワーの水温を下げてするとさらに効果があります。
これからの季節、夏場など暑い時期の入浴は遠慮されがちですが、
夏場にぬるま湯で入浴するための”クールタイプ” がおすすめです。
入浴が難しい場合、シャワーでも工夫してコリをほぐしましょう。
シャワーを直接コリの部分に当てます。または、肩こりに効くツボに当てます。
十分に温まった後に、冷たいシャワーを1~2分当てます。これを5回ほど繰り返します。

体全体の神経が敏感になり、血流が活発になります。

簡単でしょ?こういった事からはじめてみてはいかがでしょうか?

でも夏場でもなるべく湯船にはつかりましょうね。

関連記事