足のむくみ冷えは、この季節はクーラーが原因?

三宮で肩こり専門・あんしん(安心)整体「体Rescue」
当院のホームページをご覧いただきありがとうございます。

「神戸市三宮・さんプラザ3階の肩こり専門整体・体Rescue」整体師・スポーツトレーナーの岡本です。

*7月は毎週日曜日と祝日は定休日です。

今日は朝から豪雨でしたね。
午前中は姫路にいたので神戸の状況は分かりませんが
姫路は1時間程度、すごい降り方をしました。
今年の梅雨はいわゆる「男梅雨」なんでしょうね。
降った後は「晴天」ですもんね。

今日は「足のむくみ冷えは、この季節はクーラーが原因?」というお話です。

夏のオフィスは空調が効いて最適!!ならいんですが、
冷えすぎーー!ってことも多々ありますよね。

人それぞれ適温が違うということもあるのですが、
冷風の吹き出し口に近い遠いでも感じ方は違います。

あまりにも冷やしすぎると「自律神経が乱れて」不調の原因に
なっていきますので「温度調整」はシビアに考えましょう。

そもそも、オフィスでデスクワークをする女性は冷えやすいものです。
足先、足首などを中心に、

下半身の冷えは、体内の余分な水分が効果的に排出されないために起こると言われています。

これは足首をはじめ足全体を動かさなさすぎるために、
血液が心臓から一番遠い足に停滞し、血中の水分が血管から放出された状態になることで
「むくみ」になります。

少し難しい話をしますと、人間はリンパや血液を、腎臓などで浄化して水分を体外に排出しますが、
内臓の位置は体の真ん中に位置します。

足の末端の水分は、足の筋肉がポンプのように収縮することで、体の真ん中まで引き上げることができるのです。

動かなければそれだけ足のポンプ運動も少ないですし、一日の大半を椅子に座って仕事をしていると、
足の筋肉を使う機会が少なくなってしまい、筋肉自体も衰えてしまうのです。

さらに、夏のオフィスは、クーラーでガンガンに冷えていたりします。

人間の体温調節をつかさどる自律神経は、5℃以上の急激な気温変化にはうまく対処でないのですが
そんなことを知らない人たちはガンガン温度を下げようとします。

5℃以上の温度差を毎日繰り返し受けていると、ダメージが蓄積し
体温を下げる交感神経と体温を上げる副交感神経のバランスに異常をきたします。

これがいわゆるクーラー病(冷房病)。

代表的な症状は、体の冷え、むくみ、疲労感、肩こり、頭痛、腰痛、腹痛、
食欲不振、便秘、下痢、生理不順・イライラなど、自律神経系の様々な不調を呼びます。

こうなってしまわないように、
このブログを病んでくださった方だけでも予防をしていただければと思います。

まずは「足のむくみ」を解消しましょう。

方法はたくさんありますが、
今日は特に気持ちいいものを紹介しました。

まず「直径3~5cmぐらいの棒を用意します。

その棒で「ふくらはぎ」を適度な圧を加えながら転がしながら上下に動かしましょう。
その動作を20回程度行い、反対の足のふくらはぎも同様に行います。
3回ずつ行います。

次に筋肉をしっかりと動かしましょう。

足首の底屈と背屈運動を20回行い、
さらに血液を心臓へと送り返してくださいね。

もちろん、入浴なども水圧で押されますので
むくみに効果があります。

しっかりと行い「夏に体調不良」とならないように、
お盆休みを楽しめるように体調管理していきましょうね!

「あなたの健康」のお役に立てるような内容になっていたでしょうか?
少しでもあなたのお力になれれば幸いです。

関連記事