肩甲骨の内側の筋肉の疲労からの肩こり解消法

三宮で肩こり専門・あんしん(安心)整体「体Rescue」
当院のホームページをご覧いただきありがとうございます。

「神戸市三宮・さんプラザ3階の肩こり専門整体・体Rescue」整体師・スポーツトレーナーの岡本です。

*7月は毎週日曜日と祝日は定休日です。

梅雨明けしましたね。
いよいよ夏本番!ですね。
今年の夏は峯山高原に星を見に行こうかなんて思っております。
凄い綺麗ということを聞いたので楽しみです。

今日は「肩甲骨の内側の筋肉の疲労からの肩こり解消法」というお話です。

あなたが感じている肩こりは
「肩甲骨の内側の筋肉」がゴリゴリと硬い状態になっていませんか?

「けんびき」と言われるところですね。

肩甲骨の内側の筋肉が疲れて、肩の回りがいつも冷たくて・・・

なんて厄介な肩こりで悩んだりしていませんか?

肩甲骨の内側のゴリゴリしたこりの原因は

菱形筋(りょうけいきん)という筋肉がこり固まってしまっていることによって起こります。
なぜその筋肉が疲れて行くかと言いますと

普段のあなたの姿勢の崩れ、背中が丸くなって
猫背姿勢になることで肩甲骨が外側に開いてしまい、
肩甲骨周辺の筋肉の動きが悪くなって血液やリンパの流れが悪くなってしまい
筋肉に酸素の供給と老廃物の排出がうまくいかなくなってゴリゴリにこってしまうのです。

肩を回したときのゴリゴリという音は・・・

肩を大きく回したときに「ゴリゴリ」言うのは
ある一定の部位の筋肉だけに過剰に負担がかかり
「筋肉が硬くなってしまっている」ところとそうでないところの
アンバランスさで起こります。

今、まさしく腕を背中方向に大きく回して
ゴリゴリと音が鳴ると試してみてください。

もし音が鳴っているなら肩こりとしては
症状が相当進んでいると思われます。

では肩甲骨内側のコリの解消法を説明します。

まず、仰向けに寝転がりましょう。

凝っている肩甲骨側の腕をあげます。

約2分程度その状態を保持してください。

凝り固まった筋肉を収縮させると、筋肉がゆるむので
その能力を利用します。

次に肩甲骨の間にタオルを丸めたやつを入れて
同じ要領で行っていきます。
1~2分程度

最後に背中側に肩をもう一度回してみましょう。

肩が大きく動くようになっていませんか?
「ゴリゴリ」という音はこのストレッチをやり続けると
無くなってきますので、

まずは肩甲骨周辺の筋肉の疲労をためないように
毎日ストレッチしていきましょう!

トレーニングジムに通っておられる方は、
写真のトレーニング(ラットプルダウン)や(ビハインドネック)
などを正しいホームで正確に行うことが大前提ですが、肩甲骨周辺のコリが無くなっていきます。

トレーニングジムに通っておられる方は
ぜひチャレンジしてみてください!

 

関連記事